SC 金管バンド・コンサート

SC12

行進曲「威風堂々」第1番

エルガー

商品種別 : 楽譜
グレード : 3.0
演奏時間 : 05分30秒
キー : F
トランペット最高音 : ソ五線外
在庫 : 在庫あり
備考 : クラシック

出版日 : 1996/04/01

商品状態 : 発売中

販売価格 : 3,630円 (税込)

発送までの目安 : 1~3日


サンプルPDF
シリーズ
SC 金管バンド・コンサート

解説
1857年生まれ、イギリスを代表する作曲家エドワード・エルガーは、教会のオルガン奏者を父に持ってはいたが、ほぼ独学で作曲法などを修得したと言われている。管弦楽曲、弦楽合奏曲など多数の作品を残しているが、日本では「威風堂々」と訳されたこの行進曲の第1番が、最も有名である。「威風堂々」は第5番まであり、1番と4番には、行進曲主部と見事な対照をなす民謡風の大変美しいメロディーのトリオ部があることが、人気の由縁と思われる。第1番のトリオは、自国でも喝采を博し、発表した翌1902年、エドワード7世の戴冠式用頌歌「希望と輝きの国」に、皇后のたっての希望でこのメロディーが用いられたのである。

※参考音源はトランペットではなくコルネットを使用しています。

編曲者
小島里美

作曲者
Edward Elgar

編成
トランペット1.2.3 / アルトホルン1.2 / トロンボーン1.2 / ユーフォニアム / テューバ / スネアドラム・バスドラム / 合わせシンバル・トライアングル / ティンパニ

使用Perc.
S.D、B.D / 合わせCym、Tri / Timp

音源CD
SB金管バンド・サンプル・サウンド Vol.10(SBCD-010)(SBCD10)

コメント

Copyright © 2015-2022 Music Eight All rights reserved.