QH 吹奏楽ヒットシリーズ

QH779

コーヒー・ルンバ

商品種別 : 楽譜
グレード : 3.0
主要テンポ(BPM) : 184
演奏時間 : 02分10秒
キー : Gm
在庫 : 在庫あり

商品状態 : 発売中

販売価格 : 3,960円 (税込)

発送までの目安 : 1~3日


サンプルPDF
シリーズ
QH 吹奏楽ヒットシリーズ

解説
この曲の誕生は1961年、南米ベネズエラのアルパ奏者ウーゴ・ブランコの演奏ものに端を発する。その後日本の洋楽カバーブームにのり、西田佐知子、ザ・ピーナッツが競作。92年には荻野目洋子もカバー。そして2001年に入り、井上陽水の大ヒットに到る。井上陽水にとっては初のカバーソングとなった。上記のように演奏者や歌手により、いろいろなヴァージョンでレコード化されてきたが、ここではタイトルのイメージどおり、クイックルンバスタイルでアレンジされている。原題=「コーヒーを挽きながら」。

編曲者
小島里美(コジマサトミ)

作曲者
Jose Manzo Perroni

編成
Cond / Pic / Fl1 / Fl2 / Ob / EsCl / Cl1 / Cl2 / Cl3 / A.Cl / B.Cl / Bsn / S.sx / A.sx1 / A.sx2 / T.sx / B.sx / Tp1 / Tp2 / Tp3 / Hr(inF)1.3 / Hr(inF)2.4 / Tb1 / Tb2 / Tb3 / Euph(T.C) / Euph(B.C) / Tuba / St.Bs / Drs / Perc / Gt

使用Perc.
Drs / Bongo、Conga、Mari、Claves、Guiro、C.bell、Maracas

コメント

  • 2015/09/12 あ、書き間違えた。ブランコ氏のほうが甥です。失礼!

  • 2015/09/12 ちなみに、「南米ベネズエラのアルパ奏者ウーゴ・ブランコ」の場合、その名称で活動していましたが、本名は「Hugo Cesar BLANCO Manzo」。Jose MANZO Perroni氏は彼の甥にあたるそうです。

  • 2015/09/07 大変失礼いたしました。訂正いたしました。

  • 2015/09/06 「作曲者 J.M.Perroni」、フルネームJose Manzo Perroniはベネズエラ人。ベネズエラはスペイン語圏で、スペイン語圏の人名は通常「名+第一姓(父方)+第二姓(母方)」。したがって、作曲者名は「J. Manzo Perroni」か「J. Manzo」に変更する必要があります。このことは2週間前にメールでも伝えましたが、依然HP上の情報修正がなされていないので、いささか呆れています。

Copyright © 2015-2022 Music Eight All rights reserved.