No.17 たった1つの和音でも.......

 吹奏楽部で楽器を指導させてもらえる立場になって13年目になりますが、自分はまだ「指揮者」も「主たる顧問」も経験していません。ずっと「お手伝い役」です。最近では「そろそろ部活はあきらめて学級・社会科・司書教諭に力を集中させてはどうか」というお声もいただきます。そちらの方が教師としては本筋でしょう。以前の勤務校では「君が言っても上手くならないよ」とか「(君の助けは)いらない」と、顧問の先生にはっきり言われたこともありました。しかし、自分はまだ顧問をあきらめる気にはなれないのです。なぜ、そんなにまでして吹奏楽にこだわるのかときどき考えますが、「子どもたちと一緒に感動したい」という以外に、答えとなる言葉は見つかりません。

自分も中学生のときに吹奏楽を始めました。1度普門館のステージを踏ませていただき、高校からはオーケストラ一本槍でした。しかし、教師になって吹奏楽部をお手伝いするようになったときに、自分が楽器を演奏することはほとんど止めてしまいました。自分は指揮なんてできませんし、曲を振りたいとも思っていません。でも「一人ひとりの生徒たちに良い音で楽器を吹かせてあげたいし、良いハーモニーができたときの心地よさを感じさせてあげたい」と思うのです。良い音を出そうと努力している生徒たちを見たとき、少しでもお手伝いしてあげたいと思い、「自分がどんなにすばらしい演奏をしたとしても、子どもたちの創りあげたたった1つの和音の方が尊い」と思うようになっていました。そして、できることなら、その響きの中に自分の身を置いていたいと今も思っていますし、その響きに感動し、生涯を通して音楽を愛していってくれる子どもがひとりでも多く出てくれれば、それは何物にも代え難い喜びです。

音楽は、自分にとって、感動を作る共同作業です。合奏の中には、人間として忘れてはならないものがたくさん含まれていると思います。この感動を教えてくださった多くのすばらしい先生方に「自分と子どもたちで作る最高の和音をたった1度でも聴いてもらえたら……」そんなつたない夢を捨てきれないまま、自分は、指揮者ではない「お手伝い役」を止められないでいるのです。

北海道札幌市立栄中学校吹奏楽部
谷口 達夫

部員数:男子 9 名 女子38名 計47名   ※部員数は掲載当時のものです。
部のモットー:自分が感動できる音づくり

Copyright © 2015-2019 Music Eight All rights reserved.