カタログFAXダウンロード
M8Tシャツサイト
輸入譜はこちら
輸入アンサンブル譜はこちら
洋楽輸入ソロ
エムハチポータル
シリーズ紹介
パスワード再設定
現在取り扱い楽譜数

M8出版: 5665曲

輸入譜: 68449曲

このデータベースのデータおよび解説文等の権利はすべて株式会社ミュージックエイトが所有しています。データ及び解説文、画像等の無断転用を一切禁じます。

No.18 変わらない吹奏楽の魅力

 桃山中学校吹奏楽部の伝統は古く、山口県が吹奏楽に取り組み始めた昭和35年以降、いち早く吹奏楽部を設立。県吹奏楽コンクールでは常に1位に輝くトップレヴェルの演奏をし、まだ生まれて間もない吹奏楽の発展に大きく寄与していました。私自身が吹奏楽を始めた昭和56年頃も、コンクールでは金賞の常連校であり、定期演奏会を市民バンドとジョイントで実施するなど、宇部市の文化振興の一端を担っていました。時代の移り変わりの中、現在では、わずかに昔の伝統を残しているものの、技術や部の雰囲気は変化しています。

1年半前、私が本校に赴任して部員に対して感じたこと、それは「音楽をすることの喜びを感じているのだろうか。仲間と同じ場所、同じ時間、ともに練習を通して味わう苦しみや喜びを経て、1つの音楽を創造する。それが、どれだけ素晴らしい価値をもっていることかわかって活動しているのだろうか」ということです。部員の3分の2は塾通い。毎日の練習で全員が揃うことは皆無でした。また、基礎練習もほどほどですぐに個人練習、勝手に学年毎にまとまって曲を合わせるといった具合で、とても部員の中に先輩後輩の良き師弟関係や友人同士の技術の高め合いなど望める状況ではありませんでした。
そこで、基礎練習の重要性を説き、部活動に対する取り組み方を1から指導した結果、少しずつではありますが、部員自身、吹奏楽の良さが感じられる演奏になってきたように思います。基礎練習は部員だけでもしっかりとできるようになりましたし、何より合奏をしたがるようになりました。塾も、月の練習計画に沿って両立できるよう努力しました。
2年目を迎えた春に、部員勧誘のため流行りの曲を5曲演奏しましたが、結局入部は13名。私の経験からして新入生147名の1割強の15人は望めるはずでしたが、目標を達成できませんでした。その原因を探ると、部活に入らない“帰宅部”の子が多くなってきていること、文化部より運動部を望んでいる親や子どもが多いこと、吹奏楽(楽器)に興味をもつ子が少ないこと、練習時間が多いこと……挙げるとキリがありません。そこで、部員を増やすために私が実践しているのは、学校行事のあらゆる場所で吹奏楽部を使っていただくこと、中学生が好きな曲を演奏し多くの人の興味をひくこと、コンクール等で結果を出し評価された演奏であることを知ってもらうことです。前任校では同様の方法で成功、特に男子が続々と入部し10人を越えることもありました。

少子化、塾の乱立、友人との希薄な関係など、生徒たちを取り巻く環境は20年前の私が中学生の頃とは随分変わってきています。部活動も同様です。そんな中、私たち吹奏楽に携わる者としては、吹奏楽を通して何を指導できるか……。社会は変わりました。これからもっと変わるであろう社会に対して、今も昔も変わっていない吹奏楽の魅力を、どれだけ多くの子どもたちの心の中に残せるか、今後も自分らしさを生かしてがんばっていこうと考えているところです。

山口県宇部市立桃山中学校吹奏楽部
原田 靖裕

部員数:女子38名   ※部員数は掲載当時のものです。
部のモットー:美の創造

Copyright © 2015-2019 Music Eight All rights reserved.