カタログFAXダウンロード
洋楽輸入ソロ
輸入アンサンブル譜はこちら
洋楽輸入ソロ
輸入譜はこちら
M8Tシャツサイト
エムハチポータル
シリーズ紹介
パスワード再設定
現在取り扱い楽譜数

M8出版: 5748曲

輸入譜: 74690曲

このデータベースのデータおよび解説文等の権利はすべて株式会社ミュージックエイトが所有しています。データ及び解説文、画像等の無断転用を一切禁じます。

No.80  成長〜吹奏楽部を通して〜

  教師になって2年目、吹奏楽部の副顧問となり1年目の新米です。幼少の頃からピアノ経験はありましたが、吹奏楽部についてはまったくの初心者でした。現在16名という少人数ながらも、コンクールや演奏会等の1回1回の機会を大切にして、毎日練習に励んでいます。私は副顧問でパーカッションを担当しています。吹奏楽部についてまったくわからない私は、顧問の先生や生徒に質問、指導していただきながら、無我夢中に生徒と一緒になって、ひとつの音楽をつくっています。
 4月に副顧問として吹奏楽部に入った際は、部員の出席率も著しく悪く、音楽に情熱をかけているわけでもなく、この部活の今後の動向がとても心配でした。しかし、新入生も入部してきて、先輩としてていねいに教えてあげることに醍醐味を感じ始め、演奏会を間近に控え、徐々に今年度の吹奏楽部が本格始動してきました。ここまでに約2ヵ月かかりました。
 それからというもの、子どもたちの発言に変化が見られるようになりました。「部活のために学校にきている」「私から部活をとったら、何も残らない」と部活に情熱をかけて取り組むようになりました。夏のコンクールに向け、夏休みは1日練習。コンクールが終わり、一呼吸つく間もなく、秋の文化祭に向けて新曲4曲。体育祭に向けて行進曲……あげればきりがないほど、演奏の場が連続し、場慣れもしてきて、1回終了するごとに一回り、二回りも成長している子どもたちの姿をタイムリーに感じることができます。
 いよいよ、長い間部員として奮闘してくれた3年生が引退し、次の世代へバトンタッチされました。今までは一部員だった生徒に役職を与えました。すると、自らして積極的に行動するようになりました。また、別の生徒は今でもソロ演奏には迫力があり、技術はピカ一ですが、さらに磨きをかけるようになりました。おまけに演奏するには楽器にも磨きを入れようということで、楽器の手入れを入念におこなうようになりました。
 少人数でアットホームな吹奏楽部で日々子どもたちと切磋琢磨していけることが、教員になった、私の醍醐味です。これからも、吹奏楽部を基盤に、子どもたちと一歩一歩成長していきたいです。

千葉・愛国学園大学附属四街道高等学校吹奏楽部
水野 麻依子

団員数:女子16名   ※団員数は掲載当時のものです。
部 訓:意志あるところに道あり

Copyright © 2015-2019 Music Eight All rights reserved.