SH みんなの鍵盤ハーモニカ

SH91

「新世界より」第4楽章

迷ったらこの曲!

商品種別 : 楽譜
グレード : 3.0
主要テンポ(BPM)=152
演奏時間 : 03分30秒
キー : Am→C
在庫 : 在庫あり

出版日 : 2020/06/24

商品状態 : 発売中

販売価格 : 1,650円 (税込)

発送までの目安 : 1~3日


サンプルPDF
シリーズ
SH みんなの鍵盤ハーモニカ

解説
 交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」は、アントニン・ドヴォルザークが1893年に作曲した最後の交響曲です。ドヴォルザークは1892年〜95年の3年間、ニューヨークにあるナショナル・コンサーヴァトリー・オブ・ミュージック・オブ・アメリカ(ナショナル音楽院)の院長に招かれ、その職にありました。この3年間の在米中に弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」など多くの重要な作品が書かれましたが、際立って親しみやすさにあふれるこの作品は、ドヴォルザークのアメリカ時代を代表する作品であると同時に、クラシック音楽有数の人気曲となっています。

【アレンジャーより】
 弦楽器による序奏から、ホルンとトランペットによる勇壮な第1主題まで、そしてクラリネットによる瞑想的な第2主題を、演奏しやすい調性とリズムを用いて鍵盤ハーモニカ2重奏で再現しています。対照的な2つの主題の違いを感じながら合奏しましょう。終結部にテンポの変化がありますが、難しい場合は変化させずに演奏しても構いません。

編曲者
本澤なおゆき

作曲者
Antonin Dvorak

編成
ピアノ伴奏譜(フルスコア) / 鍵盤ハーモニカ1&2
※この楽譜はピアノ伴奏譜(フルスコア)と鍵盤ハーモニカ1&2(10部)のセットになります。

音源CD
SHみんなの鍵盤ハーモニカ・練習用CD-091(「新世界より」第4楽章)(SHCD91)

コメント

Copyright © 2015-2022 Music Eight All rights reserved.